<< カシュガルの旧市街が再開発され... 中國各民族人民大團結萬歲 >>
朝日新聞:カシュガル旧市街に取り壊し通告 ウイグル族「横暴だ」
数年前、知り合いの欧州某国人男性がカシュガルのウイグル人女性と結婚した。
彼らが結婚生活を送るべく欧州某国に向かう前に、カシュガルで二人に会った。
彼女の家は古くからカシュガルの中心地にあったが、再開発を理由に家族は家を追われた。
換わりに家族にあてがわれたのは郊外の団地である。以前に比べるとかなり不便だという。
再開発が終わり、彼女の実家があった土地には現在、ウイグル人ではなく中国人が住んでいるという。
彼女は言った「欧州某国に渡ったら、二度とカシュガルには戻らない」。


カシュガル旧市街に取り壊し通告 ウイグル族「横暴だ」

2008年8月25日20時14分
http://www.asahi.com/international/update/0825/TKY200808250296.html

e0113320_22561944.jpg【カシュガル=古谷浩一】
中国新疆ウイグル自治区のカシュガルで、ウイグル族が集中する「旧市街(オールド・シティー)」を一斉に取り壊そうとする動きが出ている。北京五輪閉幕にあわせるように24日から25日にかけて、地元当局が都市再開発を理由に、住民代表らに早期立ち退きを求めた。ウイグル族側から反発の声が出ている。

 カシュガルの旧市街は、中国で最大級のモスクと言われるエイティガール寺院の周辺に広がる地域。街北部の高台を占める一画にあり、泥などでつくったウイグル族独特のつくりの家々がひしめく。数万人が住むと言われている。

 複数の住民の話によると、地元当局は「旧市街の建物は老朽化しており危険なので取り壊す」と通告。具体的な立ち退き期限は示されなかったが、「早急に立ち退くように」と求めたという。

 カシュガルの人口は約35万人で、うち約8割がウイグル族を中心とした少数民族。残りの約2割が漢族だ。90年代以降、政府が経済建設に力を入れ始めたことで、漢族の商人や建設関係者らの流入が加速し、街の古い街並みは次々と壊されてきた。旧市街は昔ながらのウイグル族文化が残る限られた場であり、多くの外国人観光客も訪れる。

 当局は50世帯分の住居だけは壊さずに保存すると説明しているという。だが、ウイグル族側は、一方的な取り壊し通告は「民族文化の破壊」が狙いだと反発。靴職人の男性は「五輪閉幕にあわせて出て行けと通告してくるとは。民族感情を無視した横暴な行為だ。国際社会の中国への関心が離れるのを待っての措置としか思えない」と語った。

 カシュガルでは、ウイグル族と漢族との間の結婚が勧められているほか、郊外の農村部でもウイグル族の若い女性を自治区外の都市に出稼ぎに出すことが奨励されている。当局はウイグル族の漢族への同化措置を強めているとウイグル族側は受け止めている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
喀什军民喜看奥运会开幕式
http://www.tianshannet.com/dizhou/content/2008-08/11/content_2811568.htm

2008年08月11日
天山网讯(记者吴洋报道)8月8日晚8时,当第29届北京奥运会开幕式在“鸟巢”拉开帷幕时,我区各族军民通过电视、广播以及互联网收看收听奥运会开幕式实况转播,在神仙湾哨卡、在帕米高原的牧民毡房、在琼库尔恰克乡的抗震安居房、在喀什市老城区的小巷深处……喀什大地到处响彻着“中国加油、奥运加油”的欢呼声。

在海拔5380米的神仙湾哨卡,官兵们与新营房建设者们共赏奥运“文化大餐”,他们兴奋地在“生命禁区”一起为奥运会开幕式鼓掌欢呼。连长汪瀛洲扯着沙哑的嗓音激动地说:“奥运会今天在北京开幕了,中华民族百年奥运梦圆。作为驻守在世界上海拔最高的边防军人,我们一定要扎根高原、干好本职工作,以实际行动为平安奥运作贡献!”

在琼库尔恰克乡吐格曼贝西村,住上抗震安居新房的村民们早早就坐在电视机前,等待着北京奥运会正式开幕,村民卡斯木·托乎提激动地说:“‘电视进万家’工程为我们免费送来了电视机,我们现在坐在自家的炕头上就能看到北京奥运会开幕式,这要感谢党和政府。”

在疏勒县巴合齐乡也扎巴格村,参加本届奥运会拳击比赛的运动员买买提吐逊·琼家里跟过年一样热闹,村干部和左邻右舍的乡亲们早早就来到他家,与其家人一起守在电视机旁。大家都想通过电视屏幕目睹买买提吐逊·琼参加北京奥运会的风采,共享这份自豪和骄傲。村支书卡迪尔·阿不都拉说:“我们村以有买买提吐逊·琼这样的好青年而骄傲,他能有机会参加奥运会,我们村里的每一个人都为他感到高兴和自豪,我们永远支持他!”

喀什市艾提尕社区的阿不拉大叔家的小院里呈现出一派节日的景象。邻居们都身着新装聚集在阿不拉大叔家,一起收看北京奥运会的开幕式,当看到精彩之处,大家都不约而同地鼓掌叫好,阿不拉大叔和塔吉古丽大娘还唱起了歌,跳起了舞。阿不拉大叔说:“开幕式太精彩了,我有生之年还没看过这么精彩的演出,这充分说明我们中国强盛了!我们普通老百姓也从国家的强盛中得到了实实在在的实惠,国家支持喀什市搞老城区改造,下次你们再来,我可能就住在新的抗震房里了!我希望北京奥运会圆满成功,祝愿我们的祖国越来越发展,越来越强大!”

与此同时,在喀什的千家万户,在驻喀各部队的营房,在一些县市的广场上,广大部队官兵和各族人民群众都聚集在电视机前,共同见证北京奥运会开幕式。这一刻,喀什军民的心与全中国人民的心以同样的频率跳动着,大家在内心深处为中国加油,为奥运健儿加油。


努尔兰·阿不都满金要求 加大保障性住房建设力度
http://www.xjbs.com.cn/cgi-bin/GInfo.dll?DispInfo&w=xjbs&nid=558577


新疆新闻在线网7月24日消息:近日,自治区党委常委努尔兰·阿不都满金在伊犁哈萨克自治州调研时指出,要进一步完善城乡规划体系,严格规划修改程序,科学制定规划内容,用以指导城乡建设工作。要加强回访检查,严格质量管理,完成抗震安居工程的目标任务。要加大工作力度,确保在今年年底,对符合廉租住房保障条件,申请租赁补贴的住房困难低保家庭实现应保尽保。

  努尔兰·阿不都满金一行分别前往伊宁市、巩留县、特克斯县、昭苏县、霍城县,深入社区、乡村调研城乡规划建设情况,考察抗震安居工程的建设进度,了解城市住房保障制度的建设进展和存在的问题。在巩留、特克斯和昭苏抗震安居工程现场,努尔兰·阿不都满金详细了解了抗震安居房的建设情况,特别强调,“5·12”汶川大地震给了我们极大的警示,目前我区抗震安居工程已经进入攻坚阶段,更要加强质量管理,组织好回访检查和工程验收工作。对已建抗震安居房农户的危房,要立即停止使用,坚决予以拆除。要坚持群众自筹为主,政府支持为辅的原则,多渠道筹集建房资金,最大限度地集中财力,用于支持抗震安居工程建设,确保抗震安居工程目标任务的全面完成。

  在伊宁市召开的自治区城市住房保障现场会上,努尔兰·阿不都满金要求,各地各部门要认真做好廉租住房保障工作方案(规划)的编制和公示工作,多渠道增加廉租住房供应,切实加强和规范经济适用住房建设管理,加快推进城市危旧住房(棚户区)改造步伐。特别是喀什市老城区,要尽快编制相关规划和可行性研究报告,争取国家早日立项,通过国家、自治区支持和群众适当负担的方式,尽快完成老城区改造任务。各级党委、政府要落实保障资金,加强协调配合,严格质量管理,切实稳定住房价格,扎实推进关系群众切身利益的各项工作。

作者: 李辉
文章来源: 新疆日报

[PR]
by yaponluq | 2008-08-26 22:56 | 东突资讯/ウイグル・ニュース
<< カシュガルの旧市街が再開発され... 中國各民族人民大團結萬歲 >>