<< 中国のウェブ上に見る点字ブロック カシュガルの旧市街が再開発され... >>
ウイグル人を相互監視させる「十戸聯保」:江戸時代の五人組、戦時下の隣組
新疆に限らずこの制度は中国ではよくあるのですが、
10月1日の国慶節を前に武装警察など約20万人を動員し、
テロへの警戒を強化しているとのことです。


あとはテレスクリーンが導入されれば、『1984年』というドキュメンタリー映画を撮れる。


DWNEWS.COM-- 2008年8月28日4:43:59(京港臺時間) --多維新聞網
新疆十戶聯保﹕防國慶日恐襲高峰
http://www.dwnews.com/big5/MainNews/Forums/BackStage/2008_8_27_16_43_59_202.html


太陽報/內地恐襲陰霾不散﹐中國人權民運信息中心消息﹐為防止恐襲在"十﹒一"假期形成另一波高潮﹐新疆當局總共動員二十萬軍警。對新疆全區的流動人口作地氈式搜查。

部分恐襲「高危」地區更實行「十戶聯保」制度﹐一人出事十戶有責。而隸屬新疆公安廳的反恐偵察隊已擴充至三千人。

十﹒一為恐襲高峰

報道指出﹐由於疆獨組織可能在「十﹒一」發動另一恐襲高潮﹐原定本月二十三日至九月二十日的清查恐怖分子行動將延至十月份。

目前當地已有二十萬公安﹑武警﹑民兵在全疆清查所有出租屋和流動人口﹐各鄉鎮和村莊之間道路亦在建檢查站。

在喀什與和田地區﹐更已採取「十戶聯保」制度﹐一人出事十戶人將受牽連。烏魯木齊市每幢樓房都要選出「樓長」﹐監控外來人口。此外﹐隸屬新疆公安廳的特別偵察隊﹐目前正緊急擴充人員﹐編制將由二千人迅速增至三千人。

而新疆自治區新聞辦發言人昨接受本報查詢時﹐否認有「十戶聯保」制﹐該名發言人表示﹐這是歷史倒退﹐絕不可能。而為配合京奧安保﹐本月初起就一直在進行清查流動人口工作。


传新疆二十万军警搜查恐怖分子嫌疑人
http://www.hkhkhk.com/main/messages/16881.html


08/27/08 21:19:57
(中央社记者王曼娜香港二十七日电)
香港的中国人权民运信息中心今天表示,为防止恐怖袭击在中国「十、一」国庆期间形成另一个高潮,新疆正动员二十万军警及民兵对当地的全部流动人员进行地毯式搜查。
信息中心表示,为防止「东突」组织可能於十月一日左右在新疆发动另一场恐怖袭击,新疆当局已调动二十万公安、武警及民兵,对全疆所有的流动住宿点、出租屋及乡村的流动人员进行搜查。
该中心又称,新疆维吾尔人密集的喀什及和田地区的一些乡村正实行「十户联保」制度,如果一户出事,十户都受到连累,包括在工作及子女升学等方面受到处罚。
Information Center for Human Rights & Democracy(香港)によると、ウイグル人が多く住むカシュガルとホータン地区の一部の村では「十戶聯保」制度が布かれている。ひとつの家族が問題を起こすと十家族に連帯責任を問うものであり、就職や子女の進学等についての罰則もある。

此外,新疆首府乌鲁木齐每栋居民楼都选出「栋长」,负责监控外来人员在他们的居民楼居住。
その他にも、新疆の首府ウルムチでは(集合住宅の)棟ごとに「棟長」を選出し、外部から泊まりに来る者に対する監視の責を負っている。

[PR]
by yaponluq | 2008-09-06 23:02 | 东突资讯/ウイグル・ニュース
<< 中国のウェブ上に見る点字ブロック カシュガルの旧市街が再開発され... >>