タグ:ラビア・カーディル ( 10 ) タグの人気記事
【 rfi 】 热比娅:近200名维族囚犯狱中受酷刑
热比娅:近200名维族囚犯狱中受酷刑
http://www.rfi.fr/actucn/articles/116/article_15697.asp
发表日期 26/08/2009
新疆维吾尔族流亡领袖热比娅日前表示,根据一位维族警察提供的讯息,在新疆的一个监狱里,有近200名维族囚犯受到酷刑,甚至有囚犯被折磨致死。

热比娅是周一晚间接受美国一家媒体时透露以上信息的。据她说,向她提供传真的这名维族警察现在已经逃到与新疆接壤的吉尔吉斯斯坦。传真中称:在乌鲁木齐南边的一座监狱里,被当局关押的犯人中,有196名维族囚犯受到酷刑折磨,甚至死亡。

热比亚在接受媒体采访时援引传真内容说,有一名维族犯人因忍受不了受刑的折磨,自杀身亡。但是热比亚也表示,由于电话线被切断,这些消息无法证实。

法新社指出,中国当局指控62岁的热比娅是新疆"七·五"骚乱的幕后操纵者,但是热比亚坚决否认这一指控。

[PR]
by yaponluq | 2009-08-26 22:53 | 东突资讯/ウイグル・ニュース
VOA:对比新闻:新疆是自治区吗? / 新疆は自治区なの?
对比新闻:新疆是自治区吗?
http://www.voanews.com/chinese/2009-07-20-voa39.cfm
记者: 李肃
华盛顿
Jul 20, 2009

新疆乌鲁木齐最近发生的暴力事件使人们对中国在新疆的民族自治政策展开了讨论。

*自治与同化*

中新社7月14日报道说:“(中国外交部发言人)秦刚说“一九四九年,也就是六十年前,在新疆的维吾尔族人口是三百二十九万。如今,新疆维吾尔族的人口已经接近一千万,是六十年前的近三倍。”

英国广播公司BBC7月9日的报道说:“据人权观察公布的统计数字,在新疆的汉族人口从1949年占当地总人口6%,到2007年上升到了40%。这些数字还不包括军队及家属,以及未注册登记的流动工人。”

中国新民网7月9日刊登的2007年新疆民族构成统计证实了人权观察这种说法。

《纽约时报》7月11日的报道说:“人权观察的比奎林说,在上个世纪九十年代,大约有两百万汉人搬到新疆。”《纽约时报》7月15日的一篇评论说:“汉族中国人的统治向满洲、蒙古和台湾的扩张基本上是通过移民实现的。所以北京会很自然地认为可以在新疆达到同样的目的,尽管这个进程是在第二次世界大战以后才迟迟开始的。”

评论说:“土耳其总理埃尔多安说中国在新疆的政策‘就像种族灭绝’,中国应该‘放弃民族同化政策’,他的话会在北京的耳朵里回响很久。”

*维持传统还是压制传统*

中新社的报道说:“秦刚说,......维吾尔族人民的宗教信仰、文化传统、风俗习惯依法做到尊重、保护和传承。”

荆楚网7月13日发表的一篇评论说:“在民族自治区域内,各民族都有使用和发展自己的语言文字的自由,都有保持或改革自己的风俗习惯的自由。”“民族区域自治的一个重要体现就是充分保障各族人民享有平等的政治权利。最主要的是要保障各民族使用本民族语言文字的权利,......。在教育、文化、广播电视和日常生活各方面,更是广泛使用本民族语言文字。”

而《纽约时报》7月11日在一篇专门介绍新疆党委书记王乐泉的报道中说:“王乐泉加紧了对维吾尔文化和宗教的限制。他在小学里用汉语代替了维吾尔语,说少数民族语言‘与21世纪不同步’,并且禁止或者限制政府工作人员信奉伊斯兰教,包括不得留胡子,不得戴头巾,不得在工作场所斋戒或者祷告等。”

美国的彭博通讯社7月9日报道说:“2006年离开新疆到德国读书的维吾尔人库尔班·海于尔说:‘在学校,从来不让我们戴传统的维吾尔人的帽子,因为如果我们展示我们的民族特点,中国人就觉得有威胁。维吾尔不能庆祝传统节日,禁止在公共场所聚集,被迫学汉语。’

报道说:“澳大利亚格里菲斯大学教授、《中国少数民族与全球化》一书的作者科林·马克尔拉斯说:‘汉人对维吾尔文化不够敏感,维吾尔人感到他们的文化受到了侵蚀。一些人感觉维吾尔文化正在受到毁灭。’”

*谁的经济发展了?*

宁夏网7月15日发表的宁夏党校的文章说:“2008年,包括内蒙古、广西、西藏、宁夏、新疆5个自治区和贵州、云南、青海3个多民族省在内的民族地区GDP总量达30626亿元,按可比价格计算比 1978年增长了17.3倍,年均增速10.2%。”

英国广播公司BBC7月9日的报道说:“这次乌鲁木齐发生的暴力,和去年在拉萨发生的抗议骚乱一样,令许多人感到困惑,他们不理解中共对少数民族政治、经济上的优惠政策何以没有能够增强少数民族对国家的归属感。”

报道说:“中国官方一直拒绝承认少数民族集体诉求的正当性,把民族问题简化成经济发展问题。认为少数民族地区的经济发展了,人们生活水平提高了,民族矛盾也就迎刃而解了。中国领导人自邓小平开始一直到胡锦涛和温家宝都在少数民族地区或少数民族问题上发表过类似内容的讲话。”

《纽约时报》7月11日的报道说:“在王乐泉的领导下,由于工业和政府就业机会的吸引,汉族工人开始回流新疆,维吾尔人说,这些就业机会不成比例地向外来汉人倾斜。”

*维人难找工*

彭博通讯社7月9日报道说:“一些维吾尔人......说,大部分经济好处都让外来的汉人拿去了。”“到德国读书的维吾尔人海于尔说:‘几乎所有的工厂都是汉人拥有的。经常可以看到工厂外面竖着一块大牌子,上面写着“我们这个职位不招收少数民族”。’”

路透社7月13日的一篇分析报道说:“维吾尔官员阿里木说,在过去,中国政府可以保证在国营企业里有一定比例的维吾尔工人。‘但是现在私营企业只要汉族工人,就连国有企业也无视配额了。所以连我们最好的毕业生都很难找到好工作。’”

*由来已久的问题*

美国之音7月9日的报道说:“华盛顿大学的中国问题教授戴维·巴克曼表示, 解决汉族和维吾尔族之间长期存在的紧张关系,没有一蹴而就的方法。他说,任何解决问题的努力都应首先集中在深层问题上,例如,努力缓解那些已经意识到各种不平衡现象,缓解歧视以及不平等问题。”

乌鲁木齐是维吾尔自治区的首府,然而据中新网7月13日报道:“汉族......一直是乌鲁木齐的主要民族,汉文化在乌鲁木齐也占主导。”“乌鲁木齐一直是一座以汉民族为主体的移民城市。”“维吾尔族的大批涌入是在一九五0年以后才开始。”“新疆于一九五五年成立维吾尔自治区,并将乌鲁木齐作为自治区首府,大批维吾尔、哈萨克等少数民族干部开始从新疆南北调往乌鲁木齐,包括大批家属也随之迁来。”

*自治区最高领导人是汉族*

宁夏党校7月15日在宁夏网上发表的文章说:“真正实现少数民族自主管理本民族内部事务的权利。......在民族区域自治地方,自治区主席、自治州州长、自治县县长全部由实行区域自治的少数民族公民担任。”

不过,根据中国的规矩,共产党领导人才是最高领导人。自1949年以来,新疆维吾尔自治区党的领导人先后换了8个,只有一个人是维吾尔族,就是曾经担任中国人大副委员长的赛福鼎,其余7个人都是汉族。在先后9个自治区主席中,有两个人是汉族,即1968年到1972年的龙书金和1978年到1979年的汪锋。

*谁是自己人*

香港《明报》7月7号报道说:“乌鲁木齐市委书记栗智4时半到汉人聚集现场,爬上车顶带领群众高喊‘打倒热比娅’的口号,并称汉维两族都是一家人,应该团结起来建设乌鲁木齐,呼吁聚集者离开;僵持了近两个小时后,人群慢慢散去。”

在这里,粟智先是用“打倒热比娅”的口号把自己和汉族人划在一个阵线里,然后再以“自己人”的身份劝阻汉族人不要闹事。目前,明报网上的这篇报道已经找不到了。

新华网7月7日报道说,新疆维吾尔自治区党委书记王乐泉在电视讲话中劝阻汉族人不要上街报复维吾尔族人的时候说:“同志们,这种行动,第一根本没有必要,我们的专政力量完全可以把坏人打掉,无需采取这种行动;第二,7·5事件犯罪分子对若干无辜的汉族人大打出手,造成严重的后果。这是汉族、维族广大干部群众都不愿看到的。很多人为之义愤也是可以理解的。同志们,想一想,如果现在汉族群众组织起来,对向无辜的维族群众,不是同样既没有道理,也让广大的各族干部群众痛心的事吗?”

乌鲁木齐暴力事件的原因是在广东韶关的汉族人由于维吾尔族人“强奸”汉族少女而杀了维族人,乌鲁木齐的维吾尔族人向汉族人报复。随后乌鲁木齐的汉族人又准备向维吾尔族人报复。王乐泉把打杀汉族人的维吾尔族人称为“犯罪分子”,而把准备报复维吾尔族人的汉族人称为“同志”,亲疏关系一目了然。

[PR]
by yaponluq | 2009-07-20 22:23 | 東突厥斯坦/"新疆"ウイグル
米上院:ウイグルの言語・文化・宗教への弾圧に対する非難決議案
http://thomas.loc.gov/cgi-bin/query/z?c110:sr574:
http://www.govtrack.us/congress/billtext.xpd?bill=sr110-574
http://www.govtrack.us/data/us/bills.text/110/sr/sr574.pdf


Expressing the sense of the Senate that the Government of the People's Republic of China should immediately release from custody the children of Rebiya Kadeer and Canadian citizen Huseyin...
(Introduced in Senate)


SRES 574 IS

110th CONGRESS

2d Session

S. RES. 574


Expressing the sense of the Senate that the Government of the People's Republic of China should immediately release from custody the children of Rebiya Kadeer and Canadian citizen Huseyin Celil and should refrain from further engaging in acts of cultural, linguistic, and religious suppression directed against the Uyghur people.



IN THE SENATE OF THE UNITED STATES

May 22, 2008



Mr. BROWN submitted the following resolution;
which was referred to the Committee on Foreign Relations

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RESOLUTION


Expressing the sense of the Senate that the Government of the People's Republic of China should immediately release from custody the children of Rebiya Kadeer and Canadian citizen Huseyin Celil and should refrain from further engaging in acts of cultural, linguistic, and religious suppression directed against the Uyghur people.

Whereas the protection of the human rights of minority groups is consistent with the actions of a responsible stakeholder in the international community and with the role of a host of a major international event such as the Olympic Games;

Whereas recent actions taken against the Uyghur minority by authorities in the People's Republic of China and, specifically, by local officials in the Xinjiang Uyghur Autonomous Region, have included major violations of human rights and acts of cultural suppression;

Whereas the authorities of the People's Republic of China have manipulated the strategic objectives of the international war on terror to increase their cultural and religious oppression of the Muslim population residing in the Xinjiang Uyghur Autonomous Region;

Whereas an official campaign to encourage Han Chinese migration into the Xinjiang Uyghur Autonomous Region has resulted in the Uyghur population becoming a minority in their traditional homeland and has placed immense pressure on those who are seeking to preserve the linguistic, cultural, and religious traditions of the Uyghur people;

Whereas a new policy now actively recruits young Uyghur women and forcibly transfers them to work at factories in urban areas in far-off eastern provinces, resulting in tens of thousands of Uyghur women being separated from their families and placed into substandard working conditions thousands of miles from their homes;

Whereas the legal system of the People's Republic of China is used as a tool of repression, including for the imposition of arbitrary detentions and torture commonly employed against any and all Uyghurs who voice discontent with the Government;

Whereas the Government of the People's Republic of China continues to apply charges of `political crimes' and the death penalty to Uyghurs and other political dissidents, contrary to international humanitarian standards;

Whereas the People's Republic of China is implementing a monolingual Chinese language education system that undermines the linguistic basis of Uyghur culture by transitioning minority students from education in their mother tongue to education in Chinese, shifting dramatically away from past policies that provided choice for the Uyghur people;

Whereas the Senate has a particular interest in the fate of Uyghur human rights leader Rebiya Kadeer, a Nobel Peace Prize nominee, and her family, as Ms. Kadeer was first arrested in August 1999 while she was en route to meet with a delegation from the Congressional Research Service and was held in prison on spurious charges until her release and exile to the United States in the spring of 2005;

Whereas upon her release, Rebiya Kadeer was warned by her Chinese jailers not to advocate for human rights in Xinjiang and throughout China while in the United States or elsewhere, and was reminded that she had several family members residing in the Xinjiang Uyghur Autonomous Region;

Whereas while residing in the United States, Rebiya Kadeer founded the International Uyghur Human Rights and Democracy Foundation and was elected President of the Uyghur American Association and President of the World Uyghur Congress in Munich, Germany;

Whereas 2 of Rebiya Kadeer's sons were detained and beaten and one of her daughters was placed under house arrest in June 2006;

Whereas President George W. Bush recognized the importance of Rebiya Kadeer's human rights work in a June 5, 2007, speech in Prague, Czech Republic, when he stated: `Another dissident I will meet here is Rebiyah Kadeer of China, whose sons have been jailed in what we believe is an act of retaliation for her human rights activities. The talent of men and women like Rebiyah is the greatest resource of their nations, far more valuable than the weapons of their army or their oil under the ground.';

Whereas Kahar Abdureyim, Rebiya Kadeer's eldest son, was fined $12,500 for tax evasion and another son, Alim Abdureyim, was sentenced to 7 years in prison and fined $62,500 for tax evasion in a blatant attempt by local authorities to take control of the Kadeer family's remaining business assets in the People's Republic of China;

Whereas another of Rebiya Kadeer's sons, Ablikim Abdureyim, was beaten by local police to the point of requiring medical attention in June 2006 and has been subjected to continued physical abuse and torture while being held incommunicado in custody since that time;

Whereas Ablikim Abdureyim was also convicted by a kangaroo court on April 17, 2007, for `instigating and engaging in secessionist' activities and was sentenced to 9 years of imprisonment, this trial being held in secrecy and Mr. Abdureyim reportedly being denied the right to legal representation;

Whereas 2 days later, on April 19, 2007, another court in Urumqi, the capital of Xinjiang Uyghur Autonomous Region, sentenced Canadian citizen Huseyin Celil to life in prison for `splittism' and also for `being party to a terrorist organization' after having successfully sought his extradition from Uzbekistan where he was visiting relatives;

Whereas authorities in the People's Republic of China have continued to refuse to recognize Huseyin Celil's Canadian citizenship, although he was naturalized in 2005, denied Canadian diplomats access to the courtroom when Mr. Celil was sentenced, and have refused to grant consular access to Mr. Celil in prison;

Whereas a spokesperson of the Foreign Ministry of the People's Republic of China publicly warned Canada `not to interfere in China's domestic affairs' after Huseyin Celil's sentencing;

Whereas Huseyin Celil's case was a major topic of conversation in a recent Beijing meeting between the Foreign Ministers of Canada and the People's Republic of China; and

Whereas there have been recent armed crackdowns throughout the Xinjiang Uyghur Autonomous Region against the Uyghur population: Now, therefore, be it


Resolved, That it is the sense of the Senate that the Government of the People's Republic of China--

(1) should recognize, and seek to ensure, the linguistic, cultural, and religious rights of the Uyghur people of the Xinjiang Uyghur Autonomous Region;

(2) should immediately release the children of Rebiya Kadeer from both incarceration and house arrest and cease harassment and intimidation of the Kadeer family members;

(3) should immediately release Canadian citizen Huseyin Celil and allow him to rejoin his family in Canada; and

(4) should immediately cease all Government-sponsored violence and crackdowns against the people throughout the Xinjiang Uyghur Autonomous Region, including those involved in peaceful protests and political expression.

[PR]
by yaponluq | 2008-05-31 15:07 | 東突厥斯坦/"新疆"ウイグル
TAIPEI TIMES 論説 : 中国、もうひとつの民族浄化
Editorial: China's other ethnic cleansing
http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archives/2007/11/06/2003386489


TIPEI TIMES Tuesday, Nov 06, 2007, Page 8
While human rights organizations often focus on Beijing's repression of Tibetans and rights advocates throughout China, one group of people, the Uyghurs, has not received the attention a plight of their magnitude should warrant.

This could, in part, be the result of Uyghurs being concentrated in Xinjiang, whose remoteness makes reporting on the situation there more onerous. Beijing's cynical exploitation of the US-led "war on terrorism" since Sept. 11, 2001, as it represses this Muslim minority is also part of the reason why their suffering remains largely unknown. Readers may recall Huseyin Celil, the Canadian Uyghur who in April was sentenced to life in prison for alleged "terrorist activities." Celil, sadly, still languishes in jail and Ottawa has grown conspicuously silent on the matter. In the past six years, more than 3,000 Uyghurs have been arrested on similar charges.

Last week, Nobel Peace Prize nominee Rebiya Kadeer, who lives in exile in the US after spending five years in prison for defending Uyghur rights (or, as Chinese Foreign Ministry spokesman Qin Gang (秦剛) said in September, for conniving with "terrorist forces abroad" and spreading "state secrets"), accused Chinese authorities of forcibly relocating as many as 240,000 young Uyghur women out of Xinjiang, where the so-called "work opportunities" awaiting them are in reality a descent into exploitative factory work and possibly worse.

Meanwhile, in an Oct. 18 letter to the National People's Congress, Amnesty International called on Chinese authorities to end a practice known as reeducation through labor (RTL). Amnesty reports that hundreds of thousands of Chinese have been affected by RTL, which can be imposed for "crimes" -- such as criticizing the government or following banned beliefs -- that are not considered serious enough to be punishable by criminal law.

While no one has so far come out and put two and two together, the uprooting of hundreds of thousands of women from a specific ethnic group and religious belief bears all the hallmarks of the RTL policy and promises to be as devastating to Uyghur communities as the reeducation program during the Cultural Revolution was for the educated classes. The removal of 240,000 women of reproductive age (most of them are believed to be between 16 and 25 years old) from a population of approximately 8.3 million Uyghurs in Xinjiang will have severe implications for the birth rate there.

As was the case during the Cultural Revolution, Beijing hopes the women subjected to forced transfer will marry Chinese from a different background -- in the present case non-Uyghurs/Muslims -- and thereby break the bonds that tie them to their community.

This, however, is only a new rung in Beijing's long history of trying to erase Uyghur identity. Starting in 1990, China began promoting mixed marriages in Xinjiang, offering Uyghurs better social benefits if they married non-Uyghur Chinese and, conversely, 3,000 yuan (US$402) stipends for Han Chinese marrying Uyghurs. Birth control, forced abortion and sterilization (which the People's Daily claimed in 2001 was "voluntary") have also been reported.

The ramifications of such practices on the social cohesion of Uyghurs have yet to be fully understood, but it is clear they represent an attempt to assimilate the ethnic minority, with the long-term objective of watering down, if not altogether eradicating, its identity. In other words, we are witnessing nothing less than ethnic cleansing. Also, as international conventions define a child as anyone below the age of 18, the forced employment of many Uyghur women is child labor.

Surely all those women cannot be "terrorists." Their only "crime" is being female and belonging to the Uyghur ethnic minority.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご紹介した記事からわかるように、政府は若いウイグル人女性を労働力として、また中国人の結婚相手としてウイグルの土地から引き離そうとしている。中国人とウイグル人の結婚には報奨金すら支払われている。また、強制中絶や強制避妊手術も行われているという。民族浄化と非難される所以だ。
中国には女児が不足しているのかというと、確かに不足している。
以下の写真を見ると不足する理由がわかるような気がする。
e0113320_1483827.jpg
禁止歧视,虐待,遗弃女婴
女児の遺棄、虐待、差別を禁止する / 丹山鎮 党委員会政府

http://en.wikipedia.org/wiki/Image:PRC_family_planning_don%27t_abandon_girls.jpg

[PR]
by yaponluq | 2008-05-25 01:25 | 东突资讯/ウイグル・ニュース
East Turkestan: Transferred Women Feed Growth
East Turkestan: Transferred Women Feed Growth

http://www.unpo.org/article.php?id=7573

2008-02-11

China’s economic growth is based on women transferred far from home amid a damaging atmosphere of dislocation and intimidation.

Below is an article published by the Uyghur Human Rights Project:

A new report by the Uyghur Human Rights Project examines a recently implemented People’s Republic of China (PRC) policy that recruits young Uyghur women from majority Uyghur areas of East Turkestan (also known as the Xinjiang Uyghur Autonomous Region or XUAR) and transfers them to work in factories in urban areas of eastern China.

The report, Deception, Pressure, and Threats: The Transfer of Young Uyghur Women to Eastern China, reveals that, less than two years after the initiation of the transfer policy, it has already left a history of broken promises and shattered families.

The new PRC transfer policy:

1. Focuses on southern East Turkestan, a majority Uyghur area that remains a center of traditional Uyghur culture and where the percentage of inhabitants who are Uyghur is presently the highest in the PRC.

2. Targets marriage-aged women between the ages of 16 to 25.

3. Intimidates the women and their families to compel them to participate in the program.

4. Threatens local leaders who do not comply with the policy with removal from their posts.

5. Places the young women into inhumane work conditions and with employers that do not honor work contracts.

Under the policy, thousands of Uyghur women have been removed from their families and placed into substandard working conditions thousands of miles from their homes. At the same time that the PRC government implements the transfer policy in the name of providing economic opportunities for these young women, it also provides support for the movement of large numbers of Han Chinese migrants into East Turkestan.

“This transfer policy can be seen as another aspect of Beijing’s effort to forcibly assimilate the Uyghur people and undermine the distinct Uyghur culture of East Turkestan,” said Uyghur democracy leader Rebiya Kadeer. “Continuation of the policy will only further marginalize the Uyghur people and deepen Uyghurs’ mistrust of PRC officials, leading to even greater tensions in East Turkestan.”

The report also places the government-sponsored transfer into the broader context of the PRC’s ongoing cultural attacks and human rights abuses against the Uyghur people. Uyghur religion, a moderate form of Sunni Islam that is a vital part of their ethnic identity, has been fiercely suppressed. The PRC legal system is used as a tool of repression, with arbitrary detentions and torture commonly employed against any Uyghur who voices discontent with the government. Charges of “political crimes” and the death penalty have been shown to be disproportionately applied to Uyghurs. Uyghur women suffer from sterilizations and forced abortions, and corvée labor is still used in East Turkestan’s rural areas.

The report, Deception, Pressure, and Threats: The Transfer of Young Uyghur Women to Eastern China, can be downloaded at:

http://uyghuramerican.org/docs/Transfer_uyghur_woman.pdf


Source / Uyghur Human Rights Project



拙ブログより
「ウイグル女性40万人を域外就労」 中国に警鐘
http://yaponluq.exblog.jp/7346749/
美国国会关注中国人口贩卖问题
target="_blank">http://yaponluq.exblog.jp/7346652/
热比娅指中国迁移维族女性引争议
http://yaponluq.exblog.jp/7346574/
ウイグルの人権活動家 日本に訴え
http://yaponluq.exblog.jp/7346313/
ウイグル人女性を中国に、中国人を東トルキスタンに
http://yaponluq.exblog.jp/5823907/
[PR]
by yaponluq | 2008-02-27 11:50 | 東突厥斯坦/"新疆"ウイグル
「ウイグル女性40万人を域外就労」 中国に警鐘
「ウイグル女性40万人を域外就労」 中国に警鐘

2007.11.1 18:38

http://sankei.jp.msn.com/world/china/071101/chn0711011838001-n1.htm


【ワシントン=山本秀也】米国在住の著名なウイグル人女性人権活動家、ラビア・カーディル氏は31日、米下院人権議員連盟(座長・ラントス外交委員長)の会合で、中国当局が新疆ウイグル自治区で進める若いウイグル人女性40万人を対象とした組織的な域外就労について報告し、労務対策に名を借りた中国への文化、民族的な「同化政策」として警鐘を鳴らした。「ウイグルの母」と呼ばれる同氏は、11月7日から初めて訪日し、東京、大阪など各地でウイグルの実情を訴える。

 組織的な就労は、カシュガル、ホータン、アクスなど自治区南部のウイグル人比率の高い地域で2006年6月から始まった。就労先は天津、青島(山東省)など中国沿海部の都市で、15-22歳のウイグル人女性が対象となっている。第11次5カ年計画(06-10年)の間、計40万人を自治区外に労働力として送ることが目標とされる。

 対象の村では、「各戸から5年以内に最低ひとりの域外就労を」といったスローガンが掲げられるなど、実質的なノルマ制がとられる一方、女性が地元に逃げ帰った場合には、3000-5000元(1元=約15円)の罰金が科されるという。


 就労先は縫製工場など。見習い期間後は900-1100元の月給が支払われる約束だが、カーディル氏は「事態はまったく違う」として、日常的な12時間労働や不衛生な宿舎環境など、ひどい待遇を非難した。

 中国共産党カシュガル地区委員会の史大剛書記は、この就労政策を「農村労働力の移転」として、今年4月の地元会議で大胆な推進を表明。「ウイグル族の外部就労を妨げる者は、カシュガル、ウイグル民族の罪人である」として、抵抗の排除を訴えていた。

 政策の狙いについてカーディル氏は、(1)安価な労働力確保と潜在的な売春の予備軍化(2)中国文化への同化策(3)ウイグル人女性と同族男性の婚姻を抑える一方、多数派である漢族男性との婚姻機会を広げる(4)自治区内でのウイグル人比率の低減-を指摘した。

 カーディル氏は、「ウイグルの文化では、生活様式や価値観への配慮を欠いたまま、女性を意志に反して民族社会から連れ去ることは、最も屈辱的で挑発的なことだ」と発言。北京の米国大使館による実態調査や、米議会の決議採択を求めた。

 カーディル氏は今年59歳。苦心の末に不動産業などのビジネスで成功。中国の政策諮問機関である全国政治協商会議の委員にも就いたが、ウイグル人の人権擁護を求めた言論活動を機に解任。1999年に投獄され、2005年3月に米国に身柄を引き渡された。実子らはなお中国当局の拘束下にある。

 これまでノーベル平和賞の候補となったほか、昨年11月には在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」(WUC)総裁に選出された。

[PR]
by yaponluq | 2008-02-24 19:06 | 東突厥斯坦/"新疆"ウイグル
美国国会关注中国人口贩卖问题
美国国会关注中国人口贩卖问题

http://www.epochtimes.com/gb/7/11/1/n1887256.htm


【大纪元11月1日讯】(美国之音记者韦娓报导)

美国国会人权问题核心小组星期三听取了中国人口贩卖情况,包括新疆维吾尔族自治区青少年女性被强行迁往东部省份充当廉价劳力的情况。


*美国务院官员:中国的问题仍然严重*

美国专门监督人口贩运问题的无任所大使、美国国务卿高级顾问马克.雷刚出席了会议,谈论了中国的人口贩运问题。

他说:“虽然中国法律禁止强迫劳动,包括禁止使用童工,但是,中国这方面的问题仍然严重。由于中国是人口贩运的来源地、中转站和目的地,所以,美国国务院连续三年把中国列在第二层次的有人口贩运问题的国家的监督名单上。虽然中国男女也被卖到国外充当奴工和性奴隶,但是大多数人口贩卖是在本国范围内。”

震惊中外的黑砖窑奴工事件暴露后,中国当局经调查发现了大批类似砖窑,当局救出了许多奴工并惩办首恶。但是,观察人士认为,中国当局面临的严重挑战是贩卖妇女儿童充当性奴隶。中国当局的执法机制缺乏透明度,更对文明社会的重要工具,即非政府团体疑虑重重,以至不能对受害人提供充分保护。

雷刚说:“中国人口贩运问题久治不愈的根源和法治这个大问题以及治国不力密切相关。发达的民主体制能给予妇女、卖淫女、外来新娘充分的尊严,而政府当局也严惩卖淫业主、诱拐妇女者、皮条客、同谋官僚。自由政治体系更充分认识到公民社会与政府协作的重要,非政府机构配合政府实施法治,而这正是中国所缺乏的。”

*人权活动人士:维族妇女被强行迁往东部*

世界维吾尔代表大会主席热比娅应邀出席这次汇报会,她申诉了维吾尔族妇女面临被强行迁往中国东部省份的问题。

她说:“今天东突厥斯坦面临最紧迫最令人不安的问题是最近中国当局以工作为名强行把维吾尔族未婚青年妇女迁移到中国东部省份。中国当局从2006年6月开始执行新政策,以提供就业机会、增加收入为名,把16到25岁间的维吾尔族妇女送到东部省份工厂。第十一个五年规划定下的最终目标是把约40万维吾尔族妇女送到中国东部地区。”

热比娅说,被送往东部的维吾尔族妇女每天被迫工作12小时,每月有4次必须工作24小时,常常不能得到工资,工厂领导扣压她们的工资,以偿付地方招募人员和监工。她说,她们不能说维吾尔语,更没有回家的自由,甚至病了也不能离开,工厂的生活条件也十分恶劣,逃离工厂的维吾尔族妇女的家长必须付3千元到5千元赔偿金。

热比娅说,这些维吾尔族姑娘的家长质问, 这些孩子大多在学龄期,为什么不让她们上学,为什么不给她们本地就业机会,相反要把许多汉族男青年送到本地来就业落户,他们怀疑政府有其不可告人的目的。

(http://www.dajiyuan.com)

11/1/2007 2:33:28 PM


[PR]
by yaponluq | 2008-02-24 18:54 | 東突厥斯坦/"新疆"ウイグル
ウイグル人若年女性の東中国への移送
欺計、圧力、脅迫:ウイグル人若年女性の東中国への移送 
http://www.uyghurcongress.org/jp/news.asp?ItemID=1214990999&pcid=1110134820&cid=803688565&mid=-2139923529&archive=yes
http://www.uyghurcongress.org/SiteFiles/UHRP%20Reports(2008.02.08).pdf


中華人民共和国の新政策で東トルキスタン(1)(新疆ウイグル自治区とも呼ばれる)の若年ウイグル人女性を募集し、ウイグル人が多数を占める地域から中国東部への都市地域の工場での労働の為の移送がおこなわれている。
公式のプロパガンダたるスローガンがこの計画が募集されるウイグル人女性にとって圧倒的に肯定的な経験たることを宣伝して促進しているが、この政策の始まりから2年を足らずして、破られた約束と離散した家族の結果が残るばかりである。中華人民共和国政府の上層部から激しい圧力を受けやすい地方幹部は、欺計、圧力、そして脅迫を、女性たちを募集しこの計画に参加させる為に用いるのである。この政策の下、何千人ものウイグル女性が彼女らの家族からひきはなされ、故郷から何千マイルも離れた、標準以下の労働条件下に置かれてしまっている。


中華人民共和国の移送政策とは

・伝統的ウイグル文化の中心でウイグル人居住者割合が中華人民共和国内で最も高い東トルキスタン南部に焦点をおく。

・16歳から25歳までの結婚適齢期女性を標的とする。

・女性たちとその家族を脅してこの計画に参加させることを強いる。

・この政策に同意しない地方幹部をその地位からの解任をちらつかせて脅迫する。

・若い女性たちを非人道的な労働条件下と労働契約を尊重しない雇用主の下に置く。


この政府支援の若年ウイグル女性移送は、中華人民共和国が進めているウイグル人に対しての人権侵害と文化的攻撃というより幅広い文脈の中で考えなければならない問題である。

ウイグル人の宗教はスンニー派イスラム教の穏健な形式をとり、ウイグル人の民族的アイデンティティの重要な部分であるが、激しく抑圧されている(2)。法制は抑圧装置として用いられ、恣意的な拘束や拷問が政府への不満に声を挙げたどんなウイグル人に対しても利用されるのである(3)。

「政治的犯罪」容疑と死刑はウイグル人に対して過度に適用されるように見える(4)。ウイグル人女性は強制された不妊化と堕胎に苦しみ、東トルキスタンの農村地域では賦役労働がいまだに用いられている(5)。

また、中華人民共和国当局は、経済的機会を供給するという名目のもとで東トルキスタンから若年女性を移送する政策を実施すると同時に、一方で莫大な人数の漢族中国人経済移民のこの地域への流入を支援している(6)。

これらの事実に鑑み、このウイグル女性移送政策が、北京の強制的なウイグル人同化と東トルキスタンの独特なウイグル文化の土台を壊す取り組みのもう一つの側面であると考えられる。


1.ウイグル女性移送政策の内容とその見通し

近年、中華人民共和国中央政府は新疆ウイグル自治区政府のすべての職階でこの地域の貧困の解決手段として地方から都市への移住を支援することを指導してきた(7)。

中華人民共和国の統計によれば、2007年に約100,000人が東トルキスタンから自治区外で労働している。これらの出稼ぎ労働者の多くは、北京、天津、上海、そして山東に配置されている(8)。2006年の春以来、出稼ぎ労働者の大部分が、政府の計画によって募集されて東中国の工場の為の労働者として供給される若年ウイグル女性によって占められている(9)。

この移送政策は、独特なウイグル文化が強く残る、ウイグル人の多数が居住する東トルキスタン南部地域の16歳から25歳までの女性を特にターゲットにしている(10)。地域幹部が工場の担当者に伴い、女性たちに中国語と職能の訓練を提案して、魅力的な賃金と工場への交通費を約束する場合もある(11)。中国の公式の新聞はこの計画を連載記事で、地方の人々への収入源を供給し、祖国中国の「大社会主義家族」にその女性たちを組み込む方法だとして伝え、この計画をサポートしてきた(12)。この種の報道はまた、このウイグル女性移送計画が女性の「思考と意識」を改善し、彼女らの慣習を改善し文明化することを教えると強調している(13)。

東トルキスタン南部のカシュガル地区は、約350万人の人口の89%以上がウイグル人である地域だが、この移送政策の特別な標的となっている。正確な数を確認することは難しいが、国営メディアの報道と第3者的な調査でこの計画が大規模であることが暴露されている。

ペイズアワット(伽師)県はカシュガル地区の12の行政区域の1つであるが、320,000人の人口の農業地域で大多数はウイグル人である。中華人民共和国の移送政策は最初にこの地域に2006年4月に出現したが、212人のウイグル女性を浙江省、海塩のある工場に移送するというものであった(14)。2006年9月に同じ計画の下で18歳から20歳の121人のウイグル女性がペイズアワット県から天津市漢沽区に移送された(15)。2007年の最初の三ヶ月のうちにペイズアワット県から移送されたウイグル人女性の数はすでに3,000を越えていた(16)。

カシュガル地区のほぼすべての県においてこの種の移送を記すことができる。2007年3月に186人のウイグル女性がイェンギシャハル(英吉沙)県のある県共産党常務委員によって浙江省、平湖の工場に送られた(17)。カルギリク(葉城)県は2007年の3月と4月に400人のウイグル女性を天津に送った(18)。コナシャハル(疏附)県は天津の6つの異なった事業に6グループの770人以上のウイグル女性を送った(19)。2007年3月の末にヤルカンド(莎車)県は300人のウイグル女性を山東省、青島に送った(20)。2007年初めに500人のヤルカンド県のウイグル女性が青島と浙江に、年間6000人のウイグル女性の移送の公的計画の一環として送られた(21)。


2.欺計、圧力、そして脅迫

(若い女性)の大部分はやむを得ず来てしまうわけだが、一部の親たちは娘達が1ヶ月あたり2000元(280米ドル)を得るだろう、そして女性の部屋はホテルか何かの如くであろうと確信させられていた・・・彼女らが来てみると、すべてが違っていたのである(22)。

地方幹部は中華人民共和国政府上層部のこの移送政策を執行させようという強い圧力の下にさらされている。ヤルカンド県第9村の長であるAwut Teyipは、彼の村から若い女性たちを募集する為の努力を話しながらその政策が北京に由来することを示した。「私たちの仕事は中央の指導に、1つも質問することなく従うことだ(23)。」多くの官員はその計画への女性を募集することを拒んだ場合その地位から取り除かれる(24)。結果として中華人民共和国指導者たちは若い女性を移送のために募集する過程において欺計、圧力、脅迫を用いているのである。

地方幹部はこの計画を農村部のウイグルの家庭の為に「雇用機会を供給し、所得を発生させる」手段としてしつこく勧誘する(25)。しかしながら、募集された女性たちからの報告と、その家族との聞き取りでこの移送からの金銭的利益は約束されたものより非常に少ないことが暴露されている。

連れて来られる際に、私たちは固定給一月あたり500元(70米ドル)もらえると言われていた。しかし、こちらに来た後に歩合制だと言われた。私たちは支払いを受けるために割り当てられた仕事を終わらせなければならなかった。しかし、時間内で終わらせるのは不可能だった(26)。

給料を含む所得についてのさらに大きな問題は、それらが「貯蓄」として何ヶ月も保留されていることである。すなわち職務内でおこる医療問題の為の天引きや、募集中に女性たちに払われると約束された金のような、第3者に支払われたという費用の為の削減などである(27)。

会社は交通費を政府官員に支払ったと言った、それなのに会社は女性たちの給料から金を差し引いた。誰がその金を持っていったのかわからない。最初の月に、彼らが50元を引いた、次の月は10元を、そして今月も差し引くだろう。彼らは支払い(経費)が全部払い戻されるまで差し引くだろう(28)。

もう1つの方法が若い女性をこの計画に募集する為に用いられている。それは、女性にたちに近い人々に圧力をかけて女性にその計画に参加することを説得させることである。一人のこの計画に入った女性が次のように話した:

私がここに来たのは私の先生が私に懇願したからだった。私を説得する為に、政府が私の先生を送ったからだ(29)。

この計画の下に移送された複数の女性たちとの聞き取りで、地方幹部が女性たちをこの計画の募集に応じさせる為に強制力に訴えていたことも示された。自由アジアラジオ放送(ラジオ・フリー・アジア)とのインタビューでヤルカンド県第8村の長Tursun Baratは認めた。「私たちは女性達を強制的に行かせた(30)。」そうやって天津に送られた一人の女性は次のように話した:

行きたくはなかった。私の両親も同意しなかった。しかし、政府の人が私の両親を強制したのです(31)。

もう1つの例は、212人の他の若い女性とともに2007年の3月に村の職員に伴われて移送されたAynisa Tohtiの父親である。彼は聞き取りで、娘と離れることを許すことを強いられたが、この決断を深く後悔していると語った(32)。

農村部の家族は、地方官員からこの計画に抵抗することに対していろいろな種類の罰によって脅迫されている。例えば、ヤルカンド県の第9村のリーダーたちは、もし娘たちを参加させることを許さなければ農地の没収や家屋の破壊をちらつかせて農民を脅迫している。同じ村では、若い女性たちがもしもこの計画に入ることを選択しなければ、居住登録証の没収や婚姻の書類の拒否で脅されている(33)。

移送計画への反対に容赦はない。2007年4月に、この計画に関する官員が一同に参加した政府の会議で、カシュガル地区共産党書記の史大剛は次のように述べた:「農村部労働力の移送は包括的で第一の指導政策であり、我々の地域の未来の発展に密接に伴っている。省外でウイグル人民を働くこと妨害するものはカシュガルの罪人であり、ウイグル人民の罪人である(34)。」2007年7月に、ウイグルの親たちがアクス地区のクチャ県でこの強制移送政策に平和的に抗議した。この抗議活動は強制的に解散させられたが地方当局はいまだにそのオルグを探している(35)。


3.職場の現実

私たちはこの場所を監獄とよんでいる。私はここと監獄との違いはないと思う(36)。

ウイグル女性たちは工場に着いた途端に契約違反の労働時間と厳しい環境、そして自由の激しい制約がわかってしまう。

私たちは毎日10時間以上働いた。そして、ほとんどの日には残業をしなくてはならなかった。大抵5時には仕事が終わるが、6時になるともう1つのシフトの為に仕事に戻され、早朝2時、3時にまで働く(37)。

女性たちが残業手当なしで、24時間連続で働かされる場合もあるという(38)。

募集過程で約束された食料と住居は標準以下である。ある女性がある工場での状況を次のように話した:

朝は、彼らが炊いた少量の米と水を私たちにくれる。夜は揚げたキャベツだけのときや揚げたジャガイモだけのときもある。とても不潔で虫が食事の中に入っていて食べることが出来ない(39)。

住宅環境がよりよいことはない。

私たちの寮を見ましたか?屋根がない、ドアがない、誰でもいつでも入ってこられる。安全性もない、そして、どこも開いているので私たちの着替えも困難だ(40)。

重い仕事量と不衛生な労働条件は移送された若い女性たちの腎臓病問題と皮膚病など健康問題の原因となる(41)。

 多くの地方政府は労働契約を離れた女性たちの家族に対して重い罰金を課す。その罰金は3000から5000人民元(420から700米ドル)にわたっているが農村のウイグル家庭にとっては巨額である(42)。この種の罰金がなくても工場を離れたいと思う女性たちには支援もなく、遠い距離と、言語の障壁、資金不足に自身直面する。


4.ウイグル人は外へ、漢人は中へ。移送計画の背景

中華人民共和国政府は若いウイグル女性を東トルキスタンから中国東部に移送すると同時に、職を求めてこの地域に流入する何万もの漢族中国人の経済移民を支援している。この漢族中国人の移入はウイグル文化を脅威にさらす劇的な人口統計学的変容の原因である。1955年、ウイグル人は東トルキスタンの全人口の74.7%であり、漢族中国人は6.1%であった(43)。今日、ウイグル人はその人口の45%であり、漢族は41%であるが、その数値は人民解放軍兵士、中国公安部隊や移民人口の多くを除外している(44)。

 2006年単独でも甘粛省からの500,000人の農民が政府に支援された移送に参加しており、その多くは、一人のウイグル人が1年で稼ぐ額を10週間で稼いでいる(45)。このような膨大な人数の移送を容易にするために、中華人民共和国の指導者たちは農村地域から労働者を募集し、特別列車を編成、給付金を与え、参考になるパンフレットを印刷し、駅での送り迎えにおいての後方支援を与えている(46)。

この移民の大規模な流入でウイグル語は公的な局面から押し出されてしまっている。漢族の事業はウイグル人の店舗に取って代わっている。たった2、30年で中華人民共和国形式の開発は何世紀にもわたって進化してきたウイグルの都心の配置を変えてしまっている。

 ウイグル人は、自身の経済的な不利が新しく到来した漢族居住者のせいであると見ている。2000年の国勢調査の研究で「多数派漢族の地域と一人あたりの高収入には強い相関がある。」ことがわかったが、この発見は「単に1つの相関的な関係でなく、普通に見られるものである(47)。」1995年の産業統計によると、東トルキスタンでの大規模あるいは中規模の事業の191人の経営者のうち2人だけが少数民族であり、そして、これらの事業の11%だけが少数民族が多数派を占める地域に本拠を置いている(48)。公共サービスの雇用はウイグル人に対して偏見を見せており、雇用機会の大部分は漢族中国人のために準備されている(49)。他の職域、例えば「専門的、技術的」な仕事においても、東トルキスタンの高い経済成長率にもかかわらず少数民族の雇用数はほとんど増加していないのである(50)。


5.結論及び勧告

東トルキスタン南部からの若年ウイグル人女性の移送と漢族中国人の東トルキスタンへの移送との関係は、調和しているようには見えない。すでに記載したように、カシュガル地区共産党トップは若年ウイグル人女性の東中国への移送は「第一の指導政策であり、我々の地域の未来の発展に密接に伴っている。」と見なしている。カシュガル地区は現在実質的な「再開発」の焦点であり、何千もの漢族中国人を運んでくる鉄道の完成によって、近年区都ウルムチと連結した。

東トルキスタンでウイグル人の構成率は年々減少している。しかるに、このことの原動力は漢族中国人の移入によって助けられているし、出産適齢期の若年ウイグル女性の東トルキスタンからの大量移送はこの過程を深刻に悪化させている。

現在、中華人民共和国の地方及び中央当局は、ウイグル人のこの計画への抵抗と憤怒にもかかわらずこの移送政策を積極的に施行し続けている。

この政策の続行はウイグル人を更に疎外し、ウイグル人の中華人民共和国官員への不信を深め、東トルキスタンにおけるさらに大きな社会的緊張を導くのであろう。


ウイグル人権プロジェクトは中華人民共和国に以下を勧告する。

・即時に若年ウイグル女性の東トルキスタンからの移送を停止し、女性らの故郷への帰還を許すべし。

・行われた仕事や旅費の為の契約により女性たちに保証を行うべし。

・ウイグル女性の為の地方の雇用機会を生み出す政策を施行すべし。

・女性らを強制して意思に反して移送させた官員らを罰すべし。


(原典に詳細な脚注あり)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

热比娅指中国迁移维族女性引争议


记者: 晓北
华盛顿
Nov 6, 2007


http://www.voanews.com/chinese/archive/2007-11/w2007-11-06-voa17.cfm?CFID=264324131&CFTOKEN=53819850


中国驻美大使馆对于美国国会人权核心小组上星期三就中国的人口走私问题举行简报的内容提出了反驳。在简报中作证的世界维吾尔代表大会则说明了他们指控的根据。此外,美国国务院官员表示,中国政府在打击人口走私方面正在取得进展。

*活动人士:从地方渠道获得消息*

在上星期三在美国国会人权核心小组的简报会中,世界维吾尔代表大会主席热比娅曾经指责中国政府有计划地以介绍工作和扶贫为名将维吾尔族16到25岁的女性迁移到中国东部省份。

美国之音记者为了了解热比娅这项指控的根据而联系到了世界维吾尔代表大会发言人迪里夏提。他说:“我们是从各个县城得到的消息。各个乡长、县长和村长都是根据这个年龄界限来进行招收的。他们通过给家长施加压力,胁迫家长同意其子女到内地去。喀什、阿克苏和和田等地区的任何县城都有这种事情。”

热比娅还在简报会上指出,中国的第十一个五年规划定下的最终目标是把约40万名维族妇女送到中国东部地区。迪里夏提说,这一个数字是新疆自治区党委书记王乐泉说的。他说:“这是根据王乐泉的讲话得到的数据。自治区人民政府的工作计划中关于扶贫这方面提到要在多少年中向内地运多少劳动力的数据。”

迪里夏提说,他希望有关国际组织到新疆进行实地调查,对事实真相做出判断。

*中国使馆:绝非政府行为*

然而,中国驻美大使馆发言人王保东否认热比娅的指控。他说,由于中国经济发展不平衡,人们去外地打工是常有的事;在这个过程中,一些个人的不法行为导致有的打工人员沦为苦力是有可能的,但这绝不是政府行为。

王保东说:“不法人员从谋利角度出发做一些违法的事,向有关人员许诺,‘给你安排挣钱的机会,你听我的安排能得到什么好处’。这种个别情况我不敢说没有,因为情况是比较复杂的。但是,如果说政府有这种政策,而且政策中还有具体的数字,那就太荒唐了。即使有的人想利用这种不法手段来谋利,我想,中国政府也不能允许这种情况发生。”

王保东还指责热比娅为分离分子,说她对中国政府所做的指责是不值得相信的。

*美国务院:中国存在问题但有进步*

在上星期三的简报会上,美国国务院监督和打击人口走私办公室的主任马克.雷刚也曾经针对中国人口走私的现状做了报告。

他说,中国的确存在人口贩卖的情况。不过,他指出 ,全国妇联和民间组织展开合作,在人口走私情况较严重的省份进行了教育宣传,并为人口走私的受害者建立了救助机构;中国企业联合会也和国际劳工组织合作,对酒店、歌厅、饭馆等企业的业主进行教育,因为这些地方一直是人口走私交易的目的地。

雷刚指出,虽然中国政府在打击人口走私、禁止奴役苦力方面展开了行动,取得了进步,但是,根本的解决之道是需要有健全的管理法制和积极发展的有关民间组织。



[PR]
by yaponluq | 2008-02-24 18:45 | 東突厥斯坦/"新疆"ウイグル
ウイグルの人権活動家 日本に訴え
ラビア・カーディルさんの講演 / 2007/11/21 大阪

ウイグルの人権活動家 日本に訴え
http://www.news.janjan.jp/world/0712/0712227716/1.php

(抜粋)
 私の民族の名前はウイグル族。祖国の本来の名前は東トルキスタンです。1949年、中国に侵略されました。ソ連に侵略された西トルキスタンの諸民族は、ソ連が解体したときに独立しましたが(カザフスタン、キルギスタン、ウズベキスタン)、私たちは50年以上、中国共産党の侵略の下で暮らしています。

 私たちは、自分たちの独自の言語や文字、文化、歴史を持っています。本来なら、自分たちの祖国や文化が持てるはずです。

 中国が侵略してきたとき、現地の漢族は人口の2%程度、軍人とその家族だけでした。彼らが「新疆ウイグル自治区」を立ち上げました。1954年には、ウイグルの中でお金や土地を持っている人を、「西洋主義」というレッテルを貼って逮捕しました。1957年には、知識人や宗教指導者に、今度は「民族主義」というレッテルを貼って逮捕しました。

 私はアルタイという町の商人の家庭で生まれ、平和な暮らしをしていました。けれど、政府は、集中的に住んでいたウイグル人をあちこちに移動させる政策を取りました。毎日のようにトラックが来て、近所の人をあちこちに連れて行きました。私の家の前にも、ある日、トラックが来て停まりました。どこに行くのかや、何のために行くのかも知らされずにトラックに乗せられ、タクラマカン砂漠の中の町に移住させられました。当時、私は13歳でしたが、教育の場も、近所の人も、生まれ育った故郷も失いました。

 中国共産党の侵略の結果、ウイグル人は経済力も、教育も、独自の文化も、宗教的な価値観も失いました。そのことに不満を言った人々は、みな「民族主義者」として処罰されました。

 1978年に改革開放政策がはじまり、私は商売を始めました。私の商売は成功して、中国の十大富豪の中の7番目にまでなりました。私はそのお金で学校を開き、奨学金も出して、ウイグル族の教育のために努力しました。しかし、ウイグル族を救うにはいたりませんでした。

 そこで、私は次に、政治の世界に入りました。当時、私は有名人だったので、全国の政治協商会議の委員にもなれました。鄧小平や江沢民の前でも演説して、ウイグル人に、教育・経済・文化の面で平等な発展を与えるよう訴えました。当時は、私は、北京の中央政府がウイグルの現地の悲惨な状況を知らないことに問題があるのだと考えていたのです。
 しかし、ソ連が崩壊したときに西トルキスタンの諸民族が次々に独立したこと対して中国は危機感を抱き、むしろ体制を厳しくしたのです。1997年、グルジャという町で、1万人を越す人が自由や平等を求めてデモをしました。手に武器を持った人はおらず、平和的なデモでした。しかし、中国は軍隊で鎮圧しました。その場で407人の人が殺され、逮捕者は6万人を越えました。デモに参加した人の家族や友人まで逮捕したからです。しばらく経ってから、トラックで引き回したうえでの公開処刑がおこなわれました。当時、私や欧米の記者たちも現地調査に行きましたが、捕まってしまい、結局、国際社会は何もしてくれることはできませんでした。

 1987年以降は、計画出産の政策によって、ウイグル人の人口が減らされました。その代わりに、ウイグルには大量の漢人が移住しているのです。私たちはこの地からだんだん消されていくのではないでしょうか。

 2003年からは、ウイグル族が教育の場で、ウイグル語を使うことも禁止されました。また、2000年から、7-16歳の子どもたちが毎年、数千人、内陸の方に連れて行かれて教育を受けさせられるということもやられています。なぜ、私たちの子どもが、自分の生まれ育った土地で、自分たちの言語で教育を受けられないのでしょうか?

 2006年6月からは、ウイグル族の各家庭から少なくとも1人の娘を、内地に労働に行かせることが義務づけられました。「就職させる」という名目なのですが、数百万人の漢人がこちらに来て就職しているのに、なぜなのでしょうか? 「娘を行かせない」と言った親は、取り締まられました(筆者注:この政策について、ラビアさんは記者会見で、ウイグルの娘たちを低賃金労働者として利用しつつ、彼女たちと漢族の男性との結婚を増やし、ウイグル族を漢民族に同化・消滅させる狙いがあると語っている)。

 また、ウイグルでは核実験が45回以上おこなわれました。すぐ近くに人が住んでいる場所でやるので、数多くの人が死にました。生まれてきた子どもが障害を持っていることも少なくありません。政府は被害者に対して何の対策も、何の医療措置もしていません。政府の内部資料によると、死亡した人の数は70万人です。

 ウイグル自治区は、現在中国で唯一政治犯を死刑に処している地域です。たとえば2004年、現地の政府のトップ・王楽泉は「2004年1-8月に、22の組織のメンバー55人を死刑にした」と言いました。外国のラジオを聞くなど、ちょっとしたことで政治犯にされます。最近は、私たちに「テロリスト」というレッテルを貼るようになりました。

 私の監獄での体験はとても話しきれませんが、そのうち2年間は、光がまったく入らない真っ暗な部屋に入れられました。その監獄から出され、アメリカ大使館に引き渡されたとき、政府から「今後、政治的なことは一切話すな」と言われました。しかし、私は話さずにはいられません。その報復として、私が残してきた子どもたちは投獄されています。
 今、来年のオリンピックを控えて、今年5月から、ウイグル人のパスポートは強制的に回収され、(ウイグルの内情を外国に知られないよう)国外に出さないようにされています。

 私たちの祖国は資源が豊富で、天然ガスや石油が出ます。しかし、それらの資源は剥奪されています。農民の土地も、内陸から来た人に奪われています。

 私は、国際社会が動くまでとにかく訴え続けます。ウイグル人は日本に親近感を持っていますし、日本はアジアで唯一、民主主義が進んだ国です。アメリカやヨーロッパの方が私たちに支持や理解を示してくれています。皆さんを通じて日本の行政にもこの問題に関心を持ってもらい、中国政府に実態の改善をするように圧力をかけていただきたいのです。みなさんの力をぜひ貸してください。
[PR]
by yaponluq | 2008-02-24 18:26 | 東突厥斯坦/"新疆"ウイグル
ラビア・カーディルさんに単独インタビュー
“i-morley”より音声ファイル
ラビア・カーディルさんに単独インタビュー(前編)
ラビア・カーディルさんに単独インタビュー(後編)

ラビア・カーディルさん東京講演会参加レポート2007年11月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ウイグルの人権活動家 日本に訴え

http://www.news.janjan.jp/world/0712/0712227716/1.php

(抜粋)
 アムネスティの招きで来日したウイグルの人権活動家、ラビア・カーディルさんの講演を、11月21日、大阪で聞いた。

 私の民族の名前はウイグル族。祖国の本来の名前は東トルキスタンです。1949年、中国に侵略されました。ソ連に侵略された西トルキスタンの諸民族は、ソ連が解体したときに独立しましたが(カザフスタン、キルギスタン、ウズベキスタン)、私たちは50年以上、中国共産党の侵略の下で暮らしています。

 中国共産党の侵略の結果、ウイグル人は経済力も、教育も、独自の文化も、宗教的な価値観も失いました。そのことに不満を言った人々は、みな「民族主義者」として処罰されました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“東トルキスタン情報”より「東トルキスタン関連の映像情報」
[PR]
by yaponluq | 2007-12-22 21:10 | 東突厥斯坦/"新疆"ウイグル